オーダーメイドの相続対策、相続後の節税対策

相続対策の3原則+α(アルファ)

相続対策の3原則+α(アルファ)とは?

相続対策では、相続対策の3原則と呼ばれるものがあります。
これをベースにすることが、あらゆる面で良い相続対策になるとされています。
 
揉めない遺産分割 相続税の納税資金の潤沢 相続税の節税対策

どれか1つ欠けても、良い相続とはいえなくなってしまいますので、この3原則にそった相続対策進めることが大切と言われます。
しかし本当にこの3つだけでいいのでしょうか?
当社ではこの3原則にもう1つ加えて、ご提案することが多くなっています。それが「民事信託」を活用した「認知症対策」です。

これまで「遺言」「遺産分割手続」「成年後見」等の制度では実現が難しかった問題も、 民事信託を活用すればそのニーズにあわせた信託の設計が可能です。

民事信託

もめない遺産分割とは?

イメージ相続人同士が遺産分割で争ってしまっては、幸せな相続とはいえません。
ご自身が残す財産がきっかけとなり、子・孫など相続人同士が争いを始めてしまっては意味がありません。相続の責任は親にあります。生前にしっかりとした相続対策を行うことが子・孫のための親の責任です。

遺産分割の注意点とは?

相続が争続にならないためにも、遺産分割については、相続人の性格や関係性、資産状況などといった様々な観点からチェックして、生前に贈与をする方法や、遺言書を残しておくといった方法で、相続人同士が揉めずに円満な遺産分割ができるように配慮をしておく必要があります。
イメージ

相続税における納税資金の潤沢性とは?

相続人に相続税を納める資金がなければ、相続は相続人を苦しませるだけのものとなってしまいます。
そうならないために、相続人たちが潤沢に相続税を納税することができるように、納税資金の準備にも気を配る必要があります。

財産の大半が不動産や証券の場合、納税が困難となります。

預貯金や生命保険金といったもので、なるべく現金としても相続財産を残しておくようにする必要があります。現金であれば、そのまま納税資金にすることが可能となりますし、遺産分割も簡単にできます。
 
イメージ

相続税の節税対策とは?

上記2つがしっかりと準備できた上で、相続税の節税対策についての検討をします。
預貯金がありすぎても相続税の税負担が重くなってしまいますので、相続財産の価値を下げる節税対策も取っておく必要があります。
専門家からのアドバイスなく、これらのバランスをとることはとても難しいことです。
当社ではあらゆる分野の士業・専門家と極めて良好な提携関係を構築しており、条件の異なる各案件に対しては、その都度最適なチームで対応しています。

問い合わせフォーム

下記フォームに必要事項を入力のうえ、「送信」ボタンをクリックしてください。

問い合わせ内容(必須)

区分(必須)
法人団体個人

会社名

お名前(必須)

ふりがな(必須)

メールアドレス (必須)

ご相談やメッセージをご記入下さい。

確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れ、[送信]ボタンを押してください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
PAGETOP