オーダーメイドの相続対策、相続後の節税対策

事業承継が求める不動産実務

事業承継は「経営権」と「財産権」の承継であり、その両者に不動産が関連します。

特に親子間承継においては、現経営者名義の資産・負債は、相続により次の世代へ移転するため、「事業承継対策は相続対策と同時に進める必要」があります。

また、事業の整理・分割時、最近増加している第三者への事業譲渡/譲受も、不動産の整理・集約が不可欠です。

企業経営において「不動産」は不可欠

場所がなければ、モノも作れませんし、売ることもできません。

事業用不動産の使用権限の確保

所有・貸借どちらにしても、その場所を自由に使用できる権限の確保が必要です。

不動産の専門家の知識を活かしてビジネスに

税務に詳しい税理士も、法律に詳しい法律家も、不動産の「実務」には詳しくありません。
相続・事業承継の世界では、不動産業者のスキルやノウハウが必要とされています。

問い合わせフォーム

下記フォームに必要事項を入力のうえ、「送信」ボタンをクリックしてください。

問い合わせ内容(必須)

区分(必須)
法人団体個人

会社名

お名前(必須)

ふりがな(必須)

メールアドレス (必須)

ご相談やメッセージをご記入下さい。

確認画面は表示されません。上記内容でよろしければチェックを入れ、[送信]ボタンを押してください。

  • Facebook
  • Hatena
  • twitter
  • Google+
  • facebook

木下勇人が教える相続・事業承継の勘所DVDをレガシィから販売中
 
路線価評価で 1億円、 鑑定評価で 5千万円! だったらどうしますか?
 
財産評価基本通達による評価が実勢価格よりも高かったらどうしますか?

関連サイト

 
相続税申告・生前対策専門 税理士法人ファルベ不動産
 
ファルベ実務セミナー
 
株式会社ファルベ
 

メルマガ登録

名前:
PAGETOP